頚椎後縦靭帯骨化症 (OPLL)

【けいついこうじゅうじんたいこつかしょう】

難病に指定されている疾患の一つです。

症状

  • 首・肩のコリや痛み。
  • 手・腕の痛みやしびれ。
  • 進行すると歩行障害や排便・排尿障害など。

原因

堆骨が積み重なって脊柱を構成しているわけですが、その堆骨同士をつないで支えているのが、前縦靭帯と後縦靭帯です。
そのうち、後縦靭帯が骨化して硬く大きくなることによって、神経を圧迫し、いろいろな症状を起こします。
でも、骨化する原因はよくわかっていません。

改善方法

病院では、牽引や手術などが行われますが、施術により改善される場合があります。
つまり、痛みの原因と診断結果が異なるケースです。

検査でわかることには限界があります。
難病だからといって、あきらめないで、来院してください。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン