パーキンソン病

【ぱーきんそんびょう】

症状

  • 安静時に震える。
  • 動作がゆっくりとして小さくなる。小刻み歩行、小字症、小声症など。

原因

脳の中の黒質という部分の神経細胞の数が減ることが原因とされていますが、何故減るのかは、まだよくわかっていません。

改善方法

病院では、主に薬物治療が行われますが、薬に対する反応は、人によりかなり異なり、また、副作用もあります。

放っておくと、筋力低下や関節拘縮を起こし、運動機能がますます低下してしまうため、施術により、全身の緊張を緩め、運動機能の回復を促します。
症状が改善する過程で、途中、一進一退する時期もあり、長期間を要し、最後まであきらめない覚悟が必要です。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン