手根管症候群

【しゅこんかんしょうこうぐん】

手根管は、手の平の骨と横手根靭帯に囲まれたスペースです。

症状

  • 人差し指、中指を中心に、親指や薬指の中指側のしびれや痛み。
  • ひどい時には睡眠時に痛みがある。

原因

手根管には、正中神経やいくつもの腱が通っていて、正中神経が圧迫されて、しびれや痛みが出ます。
その圧迫の原因は、使いすぎによる腫れや腫瘤、人工透析による影響など、いろいろあります。

確認方法

  • チネル徴候テスト
    手首の小指側を、指を弾いて当てて、しびれがあるかどうか確認します。
  • ファーレンテスト
    手のひらの甲と甲を合わせて、指先を下にした状態で1分間保持し、しびれがあるかどうか確認します。

改善方法

病院では、ひどい場合には、靱帯を切除して、圧迫をなくします。

多くの場合、施術により改善します。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン