テニス肘(上腕骨外上顆炎)

【てにすひじ(じょうわんこつがいじょうかえん)】

テニスのバックハンドの動作で、肘周囲の痛みが起こすことから、テニス肘という名前が付いています。

症状

ドアノブをひねるような動作で、肘の外側が痛くなる。

原因

テニスに限らず、手首を使いすぎる方に多く起きる。
つまり、使いすぎにより筋肉が疲労し、そのため異常収縮し、筋肉の付着部である上腕骨外上顆が引っ張られ、痛みを発生する。

確認方法

こぶしをつくってもらい、そのまま手の甲側に反らしてもらう。
その時、抵抗をかけて、肘の痛みが増すようであれば、テニス肘です。

改善方法

筋肉の疲労が原因なので、安静にしておきたいところですが、手はどうしても使う部位なので、ほっておいてもなかなか改善されません。
施術により、早めに筋肉の緊張を解くことが大切です。

また、筋肉が疲労して縮んでいる状態なので、肘を伸ばした状態で手首を曲げるストレッチが有効です。
ストレッチは、痛くなる手前までにしておきます。

また、特定の動作の時だけ痛む場合は、骨が動作時にずれている場合も考えられます。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン