脊柱管狭窄症

【せきちゅうかんきょうさくしょう】

骨や椎間板の変形により、脊柱管が狭められ、脊柱管内の神経が圧迫された状態。

症状

  • 腰痛や、歩くとしびれが出てしばらく休むとまた楽になる(間歇性跛行)といった症状が出る。
  • 前屈みになると楽になり、腰を反らすと痛みが増す。

原因

椎間板ヘルニアなど脊椎の手術後に起こるとか、先天性だとかいろいろな説がありますが、はっきりとした理由は不明です。

改善方法

神経がひどく圧迫されている場合、脊柱管を広げる手術をすることになります。

でも、大手術したにも関わらず、痛みやしびれが改善されない場合が多くあります。
つまり、原因はそれではないということです。

ほかの原因でも、脊柱管狭窄症と同様の症状を発症することがあります。
自分の身体を傷付ける前に、まず、それ以外の可能性を探るべきだと思います。
事実、脊柱管狭窄症と診断されたお客様が改善しています。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン