前十字靭帯損傷

【ぜんじゅうじじんたいそんしょう】

膝関節の前後の動きを制限する十字の形を作る2本の十字靭帯のうち、大腿に対して下腿の前方向への動きを制限するのが前十字靭帯です。

症状

下腿が前方にぐらつく。

原因

スポーツなどで、足が固定された状態で回旋方向に強い力がかかり、膝がひねられると、前十字靭帯が損傷します。

確認方法

前十字引き出しテストで確認します。

改善方法

前十字靭帯は、特殊な靭帯であり、また回復力も悪いため、手術が一般的です。
しかし、手術しても、スポーツに復帰するまでに長期間を必要とします。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン