側副靭帯損傷

【そくふくじんたいそんしょう】

側副靭帯は、膝関節が横に曲がらないように止めている靭帯で、膝の内側にある内側側副靭帯と膝の外側にある外側側副靭帯とがあります。

原因

格闘技をやっている人多い疾患で、膝を外側から蹴られた場合には、膝の内側にある内側側副靭帯が切れ、膝を内側から蹴られた場合には、膝の外側にある外側側副靭帯が切れる。

確認方法

足首を止めた状態で、膝を内側、あるいは外側から押して、確認します。

改善方法

病院では、ギブスやテーピングで固定して、靱帯が再生されるのを待ちます。

しかしながら、病院で側副靭帯損傷と診断されたお客様を施術すると、単に側副靭帯が膝動作時にずれて痛みを起こしているだけの場合がほとんどです。
したがって、上記の確認を怠って診断を下している場合、診断結果を鵜呑みにせず、施術を受けられることをお勧めします。

Comments are closed.

ページのトップへ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン